終戦の日

 74年前の今日、天皇陛下の玉音放送があった日です

 このブログの読者であれば釈迦に説法ですけど、戦争の終わりは9月2日、アメリカの戦艦ミズリー号の甲板で行われた署名により降伏したのをもって正式に終結となりました。
 
 今日は政府主催の全国戦没者追悼式が行われました。
 天皇陛下お言葉

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来七十四年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

 戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

↓興味のある方のみ見てください(むかついても何の手当もしませんw)↓

▼ポツダム宣誓原文と邦訳、他を開く▼

Proclamation Defining Terms for Japanese Surrender

Issued at Potsdam , July 26, 1945
(1)We—the President of the United States, the President of the National Government of the Republic of China, and the Prime Minister of Great Britain, representing the hundreds of millions of our countrymen, have conferred and agree that Japan shall be given an opportunity to end this war.

(2)The prodigious land, sea and air forces of the United States, the British Empire and of China, many times reinforced by their armies and air fleets from the west, are poised to strike the final blows upon Japan. This military power is sustained and inspired by the determination of all the Allied Nations to prosecute the war against Japan until she ceases to resist.

(3)The result of the futile and senseless German resistance to the might of the aroused free peoples of the world stands forth in awful clarity as an example to the people of Japan . The might that now converges on Japan is immeasurably greater than that which, when applied to the resisting Nazis, necessarily laid waste to the lands, the industry and the method of life of the whole German people. The full application of our military power, backed by our resolve, will mean the inevitable and complete destruction of the Japanese armed forces and just as inevitably the utter devastation of the Japanese homeland.

(4)The time has come for Japan to decide whether she will continue to be controlled by those self˗willed militaristic advisers whose unintelligent calculations have brought the Empire of Japan to the threshold of annihilation, or whether she will follow the path of reason.

(5)Following are our terms. We will not deviate from them. There are no alternatives. We shall brook no delay.

(6)There must be eliminated for all time the authority and influence of those who have deceived and misled the people of Japan into embarking on world conquest, for we insist that a new order of peace, security and justice will be impossible until irresponsible militarism is driven from the world.

(7)Until such a new order is established and until there is convincing proof that Japan’s war˗making power is destroyed, points in Japanese territory to be designated by the Allies shall be occupied to secure the achievement of the basic objectives we are here setting forth.

(8)The terms of the Cairo Declaration shall be carried out and Japanese sovereignty shall be limited to the islands of Honshu , Hokkaido , Kyushu, Shikoku and such minor islands as we determine.

(9)The Japanese military forces, after being completely disarmed, shall be permitted to return to their homes with the opportunity to lead peaceful and productive lives.

(10)We do not intend that the Japanese shall be enslaved as a race or destroyed as a nation, but stern justice shall be meted out to all war criminals, including those who have visited cruelties upon our prisoners. The Japanese Government shall remove all obstacles to the revival and strengthening of democratic tendencies among the Japanese people. Freedom of speech, of religion, and of thought, as well as respect for the fundamental human rights shall be established.

(11)Japan shall be permitted to maintain such industries as will sustain her economy and permit the exaction of just reparations in kind, but not those which would enable her to re˗arm for war. To this end, access to, as distinguished from control of, raw materials shall be permitted. Eventual Japanese participation in world trade relations shall be permitted.

(12)The occupying forces of the Allies shall be withdrawn from Japan as soon as these objectives have been accomplished and there has been established in accordance with the freely expressed will of the Japanese people a peacefully inclined and responsible government.

(13)We call upon the government of Japan to proclaim now the unconditional surrender of all Japanese armed forces, and to provide proper and adequate assurances of their good faith in such action. The alternative for Japan is prompt and utter destruction.

ポツダム宣言(現代語訳)

一 合衆国大統領、中華民国政府主席およびイギリス総理大臣は、自国の数億人の国民を代表して協議した上で日本国に対し、今回の戦争を終結させる機会を与えるということで意見が一致した。

二 合衆国、英帝国および中華民国の巨大な陸、海、空軍は西方から自国の陸軍および空軍による数倍の増強を受け日本国に対して最終的な打撃を加える態勢を整えた。右軍事力は日本国が抵抗を終止するまで同国に対して戦争を遂行する一切の連合国の決意によって支持され、かつ、鼓舞されているものである。

三 覚悟を決めた世界の自由な人民に対抗するドイツ国の無益かつ無意義な抵抗の結果は、日本国国民に対する先例を極めて明白に示している。現在、日本国に対して結集しつつある力は、抵抗するナチスに対し適用された場合において全ドイツ国人民の土地、産業および、生活様式を必然的に荒廃に帰せしめたのに比べ、計り知れないほどにさらに強大なものになるぞ。我らの決意に支持される我らの軍事力の最高度の使用は、日本国軍隊の不可避かつ完全な壊滅を意味すべく、また、同様必然的に日本国本土の完全な破滅を意味する。

四 無分別な打算によって日本帝国を滅亡の淵に陥れたわがままな軍国主義的な助言者によって日本国が引き続き統制されるべきか、あるいは理性の道を日本国が進むべきかを日本国が決定すべき時期が到来した。

五 我らの条件を左に述べる
我らは右の条件を絶対に離脱しない。これに変わる条件は存在せず、我らは遅延を認めない。

六 我らは無責任な軍国主義が世界より駆逐されるまでは平和、安全、および、正義の新秩序が生じ得ないことを主張する。従って、日本国国民を欺瞞して世界征服の暴挙に出る過ちを犯させた者の権力と勢力は永久に除去する。

七 右のような新秩序が建設され、かつ、日本国の戦争遂行能力が破壊されたことの確証が得られるまでは連合国の指定する日本国領内の諸地域は我らの指示する基本的な目的の達成を確保するために占領されるべきだ。

八 カイロ宣言の条項は履行されるべきで、また、日本国の主権は本州、北海道、九州および四国と我らの決定した島嶼に限定されるべきだ。

九 日本国の軍隊は完全に武装を解除された後、各自の家庭に復帰し平和的かつ生産的な生活を営む機会をえさせるべきだ。

十 我らは日本人を民族として奴隷化しようとしたり、または、国民として滅亡させようとする意図を有するわけではないが、我らの捕虜を虐待した者を含む一切の戦争犯罪人に対しては厳重な処罰を加える。日本国政府は日本国国民の間における民主主義的傾向の復活強化に対する一切の障害を除去すべきだ。言論、宗教、思想の自由、ならびに基本的人権の尊重は確立されなければならない。

十一 日本国はその経済を維持し、かつ公正な損害賠償の取り立てを可能にするように産業を維持することを許される。ただし、日本国に戦争のための再軍備をさせるような産業はこの限りではない。右の目的のための原料の入手、(原料の支配は含まない)を許可される。日本国は将来世界の貿易関係への参加を許される。

十二 前期の諸目的が達成され、かつ、日本国国民の自由に表明された意思に従って平和的な傾向を有し、かつ、責任ある政府が樹立された場合には、連合国の占領軍はただちに日本国より撤収する。

十三 我らは日本国政府がただちに日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、かつ、右行動における同政府の誠意によって適正かつ十分な保障を提供することを同国政府に対し要求する。右以外の日本国の選択は、迅速かつ完全なる壊滅があるだけだ。

・・・何この上から目線の条文は(はず)
 当時の外務省による邦訳はポツダム宣言

↓もっとむかつく方々

↓さらにむかつくこと
NHKが15日に放送した「全貌2.26事件」を見ててナレーションが『陸海軍を動かし自らの立場を守り通しました』と言ったのを見てとてもむかついてしまいました。昭和天皇は自己保身で御聖断を下されたのでは断じてなく、この事件を放置すると日本が崩壊しかねない事態であることからやむを得ず動いたわけですし、当時政府の中枢にはコミンテルンが跋扈していたのを一言も触れないこの番組はただ天皇や皇族を貶めるため宣伝でしかありません。何故この番組が放送されてしまうのか。表現の自由を盾にプロパガンダしているとしか思えません。

 台風10号は四国から中国へ上陸していきました。幸いにも大きな被害は出ていないと言うことでほっとしています(ん)
 明日までは影響が残るそうですね(ん)

 ではでは~ε=ε=ε=ε=ε= タタタタ・・・。゜.☆ ドロン♪♪

まっちゃん

シェアする

4件のコメント

  1. 松下禅尼さん おはようございます お邪魔します

    今、日韓の関係が冷え込んでいますが、
    (従軍慰安婦の問題)
    オリンピックの時くらいは関係が改善するといいですね。(むふ)
    自民党も憲法改正と言っていますが、暴走しては欲しくないですね。(はず)

    台風も過ぎましたが、愛知県では
    そこまで被害の報告はありませんでした。(まじ)
    四国中国地方で被害に見舞われた方々、
    ご愁傷様です。(ぎょ)

    記事違いですが、スピーカーとアンプ手に入れました。(にや)
    私事ながら、右上のMUSIC(JPOP)が更新されるのがいつも楽しみです。(ひょえ)

    RPGの方はどうでしょうか。(ん)
    またお話聞かせて下さい。(ういんく)

    宜しくお願いします。(ぺこ)

    • ミカエル♪さんいらっしゃいませ~
      こちらでも目立った被害はありませんでしたが、長良川鵜飼いの観覧船が増水した濁流に流されて3,4隻破損したようです(しょぼ)
       今夜も鵜飼いは中止になりました。
      RPGの方は先ほどメールいたしました(ん)

コメントを残す

メールアドレスは公開されません
   * が付いている欄は必須項目です

下記のHTMLタグが使用可能です:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▼ 絵文字リストを開く ▼
まじ あせ わら しょぼ にや いかり びっくり ん ういんく ぐらさん すき かなし わーん うる はず ぎょ げー あれ ぺこ にこ むふ ひょえ はーと だめだ けーき おくりもの めーる くち ばら にんじん びーる こーひー わいん ぺんぎん ほね でんき でんわ おんぷ あくま てんし たいよう ほのお ゆき なみだ あめ かみなり ほし かさ ちょき ぐー ぱー ぴーす ぐっど ぶー おーけー まて それ うえ ますく 爆竹 拍手 じー 気まずい 三角帽子 うるうる どきどき ううん うひょー めだま こなた すかうた ゆびさし がーん でへへへ PP 時間 けいたい うひょ ふっ ひやり きらきら やばい あらやだ にやり ぐっじょぶ ちょっぷ びちん わぁ えー だって ねる んが えっ
@まじ @あせ @わら @しょぼ @にや @いかり @びっくり @ん @ういんく @ぐらさん @すき @かなし @わーん @うる @はず @ぎょ @げー @あれ @ぺこ @にこ @むふ @ひょえ @はーと @だめだ @けーき @おくりもの @めーる @くち @ばら @にんじん @びーる @こーひー @わいん @ぺんぎん @ほね @でんき @でんわ @おんぷ @あくま @てんし @たいよう @ほのお @ゆき @なみだ @あめ @かみなり @ほし @かさ @ちょき @ぐー @ぱー @ぴーす @ぐっど @ぶー @おーけー @まて @それ @うえ @ますく @爆竹 @拍手 @じー @気まずい @三角帽子 @うるうる @どきどき @ううん @うひょー @めだま @こなた @すかうた @ゆびさし @がーん @でへへへ @PP @時間 @けいたい @うひょ @ふっ @ひやり @きらきら @やばい @あらやだ @にやり @ぐっじょぶ @ちょっぷ @びちん @わぁ @えー @だって @ねる @んが @えっ
すけぽん かげ あたり

 

   ここにない絵文字については→こちらの説明を見てね

コメントする