最多登板記録達成(拍手)

皇紀2677年8月9日

 中日岩瀬仁紀投手が2017年8月6日の対巨人戦(東京ドーム)で通算登板試合950達成しました。(爆竹)

岩瀬仁紀投手
©中日ドラゴンズ

阪急(現オリックス)などで通算350勝を挙げた米田哲也さんのプロ野球記録949を上回って歴代単独最多となりました。
9回裏5-4一死1,2塁の場面で登板、最後は巨人マギーの走塁ミスで助けられ通算404セーブをあげました(拍手)
達成後の本人のコメント

 本当に自分がやったのか?と思うくらい信じられない、そんなに投げてきたのかなという感じがします。いつもより緊張してマウンドへ行きましたが、とにかく勝って終わりたいという気持ちが強かったので、セーブという意識はなかったです。

これまで登板数についての意識は特別なかったのですが、ここ数試合で意識させられました。一昨年は投げていないですし、去年も不甲斐ない成績で、続行するのかやめるのかという選択だったので。続行を決めてからは、もう一度勝ち試合で投げたい、もう一度輝きたいという気持ちしかなかったので、数字のことは頭にありませんでした。

950試合の中で想い出深い試合をあえてあげるとしたら、僕の場合はプロ初登板の開幕戦ですね、アウトを一つもとれなかった、プロ野球の難しさを一番最初に味わった。アウト一つの大切さというのが身にしみて、ここまでやってきたのかなと思います

まわりの人のサポートがあって、助けられてここまで数字が積み重なったと思います。そういった方々がいてくれたのでまたやる気にもなりましたし、人に支えられてきたと思います。

苦しい時もきつい時も応援していただきありがとうございます、これからも一つ一つ頑張っていきたいと思います。

ちなみに登板記録二位以下は・・・
二位:米田哲也さん(近鉄)
三位:金田正一さん(巨人)
四位:梶本隆夫さん(阪急)
五位:小山正明さん(大洋)

改めて記録達成おめでとうございます(拍手)

 ではでは~ε=ε=ε=ε=ε= タタタタ・・・。゜.☆ ドロン♪♪